ラクトフェリンでノロウイルスに勝利する@今日からできる抗菌方法

ラクトフェリンとは・・・

ラクトフェリンとは何か?何だかあまり聞かない成分ですが、今密かにブームが来ている成分なのです。そうですか・・・だとしたらどのような成分でどのような効果がありますか?そう思うと何だか奥が深い成分のような気もして来ます。

 

ラクトフェリンってひとことで言えば、母乳に含まれる成分で大変栄養価が高い成分のこと。
よく、母乳で育てたいというママさんがいますが、その理由のひとつはラクトフェリンが多く含まれているということもあります。
粉ミルクにもそのような成分が含まれるものがありますから、母乳が出ないというママさんも諦めることはありません。

 

赤ちゃんに効果的な成分でありながら、実は年齢関係なく効果的な成分でもあるのがラクトフェリンです。
そのことが分かってから、あらゆるラクトフェリン配合の商品が発売されています。
ヨーグルトに牛乳など食べ物などはもちろんのこと、サプリメントもそう。
多くのラクトフェリン商品が見られるようになって来ました。
その結果、健康になる人が増えています。その中でもノロウイルスなど気になるものに焦点を当てて見て行きましょう。
そして、その他にも効果があるということが分かっています。その辺りも見て行きましょう。

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンの効果については巷で言われているとおりです。
一番よく聞くのは、免疫力を上げる効果があるということであり、その結果さまざまな病気に感染するリスクを軽減する効果があるということが分かっています。
例えば風邪やインフルエンザは身近な病気のひとつではありますが、どれだけ気を付けていてもうつされる人がいる一方で、何も気を付けていなくてもうつされないという人もいます。
この差は免疫力と言われています。
この差こそが、病気になるリスクにつながっているとも言えるでしょう。
世の中の病気はこのようにウイルス性のものが多くあり、ウイルスは形を変えながら進化して行っています。ですから、ウイルスに強い身体(いわゆる、免疫力が高い身体)を作るということが健康でいるためには大事なことなのです。

 

免疫力はあらゆる面でつながりがあって、免疫力を上げることでアレルギーを撃退する効果や症状を抑える効果があることが分かっています。
国民の4人に1人は花粉症と言われていますが、そんな花粉症にも効果があります。そして、子供さんに多いアトピー性皮膚炎にも効果があります。
アレルギー持ちと呼ばれている人は、体質的に親から遺伝として受け継いだという人も多くいます。
どうしても体質的な遺伝は防ぎようがありませんから、予防という点でもラクトフェリンかな?となります。

ノロウイルス撃退可能?

ノロウイルスの撃退は可能か?となると、ラクトフェリンで予防は可能です。

 

◆ノロウイルスは体内で増えて行くウイルス
ノロウイルスは小腸や十二指腸で増えて行くウイルスです。腸の表面にある細胞に入り込むことによって増殖します。
下痢などの症状を引き起こす理由は、体内の水分や塩分を調節する機能を破壊してしまうからです。

 

◆どのようにしてラクトフェリンはノロウイルスに効果があるか
腸の表面にラクトフェリンが張りつくことで、細胞をウイルスから守ってくれます。
ラクトフェリンが変化してできる「ラクトフェリシン」が、直接ノロウイルスにくっついて細胞に入り込むのを防ぎます。

 

◆免疫力を上げてくれるから
免疫力の高い人は何らかのウイルス感染をしても症状がそこまで酷くならないということが言えます。
分かりやすい例がインフルエンザですが、小さな子供やお年寄りは肺炎を併発したり、症状が重く亡くなることもありますが、それは免疫力が弱いから。
これはノロウイルスに関しても同じで、免疫力を高い状態にしておくと例え感染してもそこまで症状が酷くならずに済みます。

 

普段からラクトフェリンで免疫力を高めておくということがいざ感染してしまったとしても症状が軽くで済むと言われています。

 

ラクトフェリンの比較結果こちら 

関連リンク

ラクトフェリンならサプリが確実

やっぱり免疫力を上げるためにはラクトフェリンかな〜と思う今日この頃ですが、ラクトフェリンの摂取が難しいというのが現実です。
食品で摂取と言ってもそれを続けるのには限界がありますし、カロリーなどが過剰になったりするのであまりおススメできる方法でもありません。
そこで登場するのがラクトフェリンのサプリメント!これでノロウイルスも撃退できますし、その他のウイルスも撃退できるのです。
簡単に言えば、毎日摂取していれば自然と免疫力を上げることができるので、病気になりにくくなるということが言えます。
サプリメントなので、カロリーを摂取し過ぎになることもありませんし、飲み忘れさえしなければ簡単です。

 

現在、ラクトフェリンのサプリメントは数多く発売されており、どのサプリメントも優秀なサプリメントです。
ですから、そこまで劣悪な商品というのもなさそうですし、選ぶ際においてある程度の注意を払っていれば失敗するというようなこともないでしょう。
多くのサプリメントが1粒あたり100mgのラクトフェリンの配合量となっている点も続けやすい理由のひとつでしょう。
もし、ヨーグルトやチーズなどでラクトフェリンを摂取できたという場合は、サプリメントを減らしてもいいわけですし。
となると、生活の中に取り入れやすいですよね。

 

ラクトフェリンの比較結果こちら